アクティブアカデミー

アクティブアカデミーについて

アクティブアカデミーは、受講者の能動的な情報発信を促す「学びの場」です。
インターネットが発達した現代においては、ICT(情報通信技術)を活用して地域のリアルタイムの魅力を発信する力を身につけることで、誰もが主体的に社会貢献することが可能です。
アクティブアカデミーでは、受講生自らが情報発信者として継続的に社会貢献をするステージから、さらにはその情報発信のスキルを他者に伝え、積極的な地域振興の輪を広げるステージへと、受講生の技術と意識を高めていきます。

1)アクティブアカデミーの目的

現在の日本においては、観光こそが最大の成長産業です。
地域の旬の魅力を全国・全世界へと発信していくことが、日本の将来を支える原動力となります。
アクティブアカデミーは、地域情報発信をおこなう人材を育成し、地域の力でイノベーションを起こしていきたいと考えています。

2)アクティブアカデミーのミッション

アクティブアカデミーが目指す地域情報発信のあり方は、常に鮮度の高いオープンデータです。
そのためには、地域住民ひとりひとりが自らすすんで地域の魅力を発見する視点、地域の魅力を全国・全世界へとアップロードするスキルが必要となります。
アクティブアカデミーは、「視点・発想の育成」と「情報通信技術のスキルアップ」を図る講座を開講し、地域住民による持続的で新鮮な情報発信をサポートすることで、地域を元気にしていきます。

3)アクティブアカデミーのビジョン

アクティブアカデミーは、地域住民による主体的・継続的な地域密着の情報発信を目指します。
これは観光振興を目的とするものに限りません。
防災情報やバリアフリー情報といった生活に必須の情報をリアルタイムで提供するサイトを作成し、くらしの新しいプラットフォームを創造していきます。

情報発信サイトに情報を投稿すれば、それに対するユーザからのリアクション(コメントや評価)が即時に得られます。
ユーザとのコミュニケーションによって、投稿者は自らの情報がユーザの役に立っていると実感し、自らが主役となる「やりがいの舞台」を見出すことができるでしょう。
アクティブアカデミーは、地域で輝き、地域を輝かせる人材を応援します。

現在ではFacebookやTwitterなどのSNSに多くの人が親しみ、世代や居住地を問わない広範なネットワークで繋がっています。
アクティブアカデミーがバックアップする情報発信サイトは、公開された良質・新鮮な情報について、SNSを通じてより多くのユーザへと告知をおこないます。
SNSという「人の繋がり」を活用することで、情報発信のステージを拡大することができます。